2014年05月22日

覚えただけでは不十分


「勉強=覚えること」と、何となく思っている人がいます。


確かに、簡単なテストなどでは、覚えただけで正解できる場合も多いです。
そのため、暗記が勉強であると勘違いしてしまうこともあるでしょう。


しかし、まともな試験(入試や資格試験など)では、そうはいきません。
覚えた知識を応用して正解を導くような問題が多いからです。


そのような試験では、頭の中に入っているはずの知識を呼び出してくること、
つまり、正解を導くために必要な知識を速やかに思い出すことが大事です。


そうした能力を高めるには、実際に「思い出す練習」をたくさんやること。
スポーツ選手の繰り返し練習みたいに、知識を繰り返し使うことが必要です。


覚えることをインプットとすれば、「思い出す練習」はアウトプットです。
試験勉強にはインプットとアウトプットの両方が大事なんですね。
(英会話などの語学でも同じです。)


インプットとアウトプットはバランスよく行わなければなりません。
個人的な経験では、アウトプットの方が時間がかかり、
見通しも立てにくいです。


そのため、長期間の試験勉強では、
アウトプット中心の勉強プランを立てることが肝要でしょう。

posted by Titania at 08:43| 学習一般 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。