2013年04月01日

忘れる事を前提とした復習

人は勉強したことをよく忘れますね。これは私やあなたの頭が悪いのではなく、そもそもそんなに簡単に記憶に残らないように頭が作られているのです。


もしも、インプットされた情報を全て記憶していたら、頭の中は利用価値のないゴミ情報で一杯になってしまいます。重要な情報のみを頭に残すために、中途半端なインパクトの情報はひとまず忘れるようになっています。


しかし、同じ情報を何回もインプットすれば、さすがに重要な情報として長期記憶に格納されるようになります。


つまり、学習したことは完全に忘れてしまわないうちに復習を繰り返すことで、しっかりした記憶となるわけです。


この“忘れてしまわないうち”というのがけっこう早いタイミングなんですね。エビングハウスの忘却曲線を参考にすると、はじめて学んだ事に関しては1時間後くらいに復習するのがよいです。


1回復習すれば忘れ方がゆっくりになるので、2回目の復習は3日後くらいでもよいかもしれません。

ラベル:復習
posted by Titania at 22:34| 学習一般 | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

必ず前に進む勉強法


勉強が苦手な受験生でも、必ず前に進める勉強法があります。それは、


① 問題の解き方のパターンを理解し、
② 直ぐに類題を何題か解いてみる


という勉強法です。このやり方を続ければ、典型的なパターンは解けるようになります。基礎力は大丈夫ということです。


問題は、適した問題集を見繕って調達しなければならないことでしょう。「例題 + 何題かの類題」という構成になっているのがポイントです。例題の解説は、親切なものが良いですね。


大学受験用の教材としては、数学のチャート式がそのような構成になっていました。(←最近のチャート式を確認していないので過去形。)

ラベル:勉強法
posted by Titania at 15:57| 学習一般 | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

復習重視の勉強


限られた制限時間の中で、初見の単語などを覚える場合、
復習に多くの時間を割り当てた方が記憶できます。


復習時間の割合が20%より40%、40%より60%、60%より80%
の方が確認テストの成績が良いのです。
しかも、かなり大幅に成績がアップします。


要するに、どんなに頑張っても1回で覚えるのは困難。
何回も復習し、その回数を増やした方が記憶できるのです。


最初に勉強するときは、短時間でほどほどに覚え、
あとは何回かの復習を通して記憶するのが得策です。


私は、この事実を経験的に知っていました。


が、「コリン・ローズの加速学習法実践テキスト」
という本に実験データとともに明記されていました。
興味ある方は調べてもみてください。

ラベル:学習法 勉強法
posted by Titania at 21:37| 学習一般 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。