2012年09月21日

理解できないと覚えられない

勉強では、しばしば理解できない事に出くわします。
しかし、理解できない状態のままでは覚えられません。
人間の脳がそのような仕組みになっているからです。


仮に、何とか覚えたとしても、すぐに忘れます。
その意味では、割に合わないとも言えます。


ただし、いくら頑張ってもその時には理解できない、
という事はあるものです。


そういう場合はおそらく、知識が足らないのです。
理解するためには最低限の前提知識が必要です。


どうしても理解できない場合には、
知識が不足していないかチェックするとよいです。


特に、数学などの“積み上げ”が重要な科目はそうです。


知識が不足しているとわかったら、
その知識を身につけるのが先決ですね。

ラベル:勉強法
posted by Titania at 10:45| 学習一般 | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

「勉強する」をイメージすると

「勉強する」ことを次のようにイメージしてみましょう。
ハッキリと見えてくることがあるかもしれません。


あなたの家は海岸にすぐ近くの高台にあるものとします。
家にはプールがあり、海から水を汲んで一杯にします。


プールはあなたの脳、海の水は参考書に書かれている知識、
プールに水を汲むことは、勉強することだと思ってください。


さて、水を汲んでくる手段はいろいろありますよね。
まずはバケツで汲んでくる方法があります。


体力のある人は大きなバケツを使うと効率が良いです。
しかし、体力のない人は小さなバケツでないと駄目ですね。


勉強に置き換えてみると・・・


たくさんの知識を一気に習得できる人と、
そうでない人がいるという事です。


「そうでない人」は、自分に合ったペース・分量で勉強すればよいのです。


ところで、バケツで水を汲み上げること自体、効率が悪いですよね。


少し、コストと時間と労力を使って、
水を汲み上げるポンプを設置したら、
遥かに効率的です。


勉強に置き換えてみると・・・


記憶術をはじめとする、いろいろなテクニックを利用すれば、
何も知らない人と比べて、遥かに効率的に勉強できるという事です。


ただし、そのテクニックを身につけるために、
コストや時間や労力はかかります。


そういったものに比べて得られるメリットが大きいと思ったら、
積極的に利用すべきでしょう。

ラベル:学習法
posted by Titania at 14:16| 学習一般 | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

根拠ある勉強法の実践

高校受験、大学受験、資格試験など、
多くの受験者が自己流で勉強しています。


● 他人の勉強法なんて使えないと思っている人
● どうやって勉強法を学べばよいかわからない人
● そもそも勉強法を学ぶという発想の無い人


いろいろな人がいますが、
総じて勉強法を学ぼうとしません。


もちろん、友人からよい勉強法があると聞けば、
ちょっと試してみるくらいの事はするでしょう。


でも、根拠ある勉強法を学ぶことはあまりありません。


「根拠ある勉強法」とは、
効果に再現性のあることが確認できる勉強法です。


たとえば、科学的に知られている記憶の性質を
応用した記憶術とか、


数千人以上の実績を持つテクニックなどです。


ちなみに、記憶術では藤本式記憶術
3万人規模の合格実績を持っています。


自分で納得できない勉強法を取り入れる必要はありませんが、
客観的に納得できる勉強法なら取り入れるべきでしょう。

posted by Titania at 22:22| 学習一般 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。